更新Twitter   公式Facebook
原作=岡野雄一「ペコロスの母に会いに行く」西日本新聞社刊
脚本=池村 望/演出=大野木直之

演出にあたって/大野木直之
 2025年認知症患者は、700万人を突破、高齢者の5人に1人だと云われている(厚生労働省)。この厳しい現実に、国も我々も確かな手立てを見出していない。
例え公的な救済の施設が増加しても、認知症者に対して肉親が放置できないのは、人として当然である。認知症とは?介護とは?
Read More
脚本執筆にあたって/池村望
 私事で恐縮ですが、3年前に身内を見送りました。看病、介護に追われる中で、常に冷静に接してくれた看護師さん、介護福祉士さんの働きぶりに感服し、看取った後は家族を失った悲しみよりも、彼女らへの感謝の思いが勝っていたといっても過言ではありませんでした。そして時の経過と共に、彼女達の活躍を書き残しておきたいと思うようにもなりました。今回、光栄にも「ペコロスの母に会いに行く」の執筆のお話を頂き、3年越しの恩返しが出来るかもしれないと、謹んでお受けすることに致しました。 Read More
音楽/一青窈
プロフィル 東京都出身。台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期を台北で過ごす。
2002年、シングル「もらい泣き」でデビュー。翌年、日本レコード大賞最優秀新人賞、日本有線大賞最優秀新人賞などを受賞。NHK紅白歌合戦初出場。
5枚目のシングル「ハナミズキ」、そして初のベストアルバム「BESTYO」が大ヒットを記録。2004年に映画「珈琲時光」、2008年に音楽劇「箱の中の女」で主演をつとめ、2013年に初の詩集「一青窈詩集 みんな楽しそう」を発売するなど、歌手の枠に捕らわれず活動の幅を広げている。
今年公開の映画「はなちゃんのみそ汁」の主題歌を担当、出演も果たした。

また、5月21日より東京公演を皮切りに「一青窈 TOUR 2016 人と歌〜折々」全国ツアー中。
http://www.hitotoyo.jp/schedule/schedule.php?schedule_category_type=1&schedule_id=2241


動画/MOVIE

© The Chunichi Shimbun・Chunichi Theatre. All Right Reserved.
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の情報の無断転載を禁じます。

このページの先頭へ