公式ホームページへ
2016/12/22 12/23横浜公演開幕


22日KAAT神奈川芸術劇場、公開ゲネプロおよび囲み取材にて

ゲネプロ前に行われた会見には、ウィリアム・シェイクスピア役の上川隆也、ヒロインのヴァイオラ(十二夜の主人公名でもある)役の観月ありさ、シェイクスピアのライバル俳優であり友人のネッド役の五関晃一(A.B.C-Z)、ヴァイオラを金で娶ろうとするエセックス卿役の藤本隆宏、ヴァイオラの母親でマーガレット役の小川菜摘、そしてシェイクスピアの良き理解者であり劇場主ヘンズロー役の秋野太作、エリザベス女王役の十朱幸代が参加し意気込みを語りました。

上川隆也「シェイクスピアの愛の物語です。観た方が特別な日になるように頑張ります。」
観月ありさ「記憶に残る舞台にしたい。男役と二役で早替えがあったり、声のトーンを変えたり、頑張ります。」
詳しくは「シェイクスピア物語公式HP」をご覧ください。


The Chunichi Shimbun・Chunichi Theatre.All Right Reserved.
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の情報の無断転載を禁じます。

ページトップへ